日本だけではなく世界にも目を向けた投資を!

株やFXなどの投資を行っているかたなら一度は耳にしたことがあるファンダメンタルズ。
このファンダメンタルズとは国や地域、企業などの経済の状態を表す指標の事を言います。
経済成長率や物価上昇率、財政収支といったものがこれに当たり、企業の場合だと業績や資産、負債がこれに当たる事になります。

一方のCFDとは、Contract For Differenceの頭文字からきており、差金決済取引の事を言います。
この差金決済取引、通貨に絞った取引の事をFXと言い、CFDは株価指数や金、原油などの資源、商品や債権など、通貨以外ならほぼなんでもあるという点でFXとCFDは異なっています。

投資を長期的に行ないたい場合、ファンダメンタルズを重要視する事が成功の近道だとも言われていますが、短期の投資にはあまり向いていないと言われています。
短期投資の場合、テクニカルと呼ばれる物を用いて見極める事となります。
このテクニカルとは株価や商品などの出来高を図表に表し、過去歴より先の見通しを立てるという手法です。

こういった手法などを用いて相場を予想する事で日本国内の金融や株価の動向を世に取るだけではなく、世界の経済状況も視野に入れる事が出来るようになりますので、より幅広い投資を行うことが出来ます。
皆さんも一度はじっくりとこういった手法について目を見毛てみては如何でしょうか。

Leave a Reply

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報