投資の合間の息抜きに昔の通貨を見てみる

最近ではFXでも取引できる通貨のペアがかなり豊富になってきたと言われています。
取扱数が最も多いと言われている証券会社では数多くある証券会社との差別化を図る意味もあってか、通貨ペアは約30ペア有ると言われています。

しかし、初心者にとってはこれだけ多くの通貨ペアの中から自分がどの通貨ペアによって資産運用を図るべきか決定するのもとても大変な事なのではないでしょうか。
今まではFXを取り扱う所見会社は利用手数料での価格競争を行ってきていましたが、そういった時代は過ぎ去ってしまい、以下に取り扱いをしているのかというサービスでの競争が始まったとさえ言われています。

私達の国日本の通貨はYEN(¥)円ですが、この通貨は一体いつから流通しているか皆さんはご存知でしょうか。
6世紀から7世紀ごろに硬貨が製造されたと言われていますが、流通していたのは銅を用いて作られた物だったと言われています。
砂金や金がお金として流通をするようになったのは鎌倉時代になってから、安土桃山時代に入ってくると日本国内でも金貨の製造がおこなわれる様にると同時の紙幣の前身とも言われる藩札も流通しています。
実際に紙で製造されている紙幣が一般に流通するようになったのは明治時代に入ってから。

現在の金や通貨と比較してみるとその移り変わりや目的などには時代特有の事情や背景などが多分に含まれており、意外に興味をそそられる物が多いのでみなさんも一度、投資だけでは無く、このような歴史にも目を向けられてみては如何でしょうか。

Leave a Reply

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報